中学生を対象としている個別指導塾は、講師1人に対して生徒は1人から3人程度の少人数制で授業を行うのが大きな特徴です。そのため、生徒を担当する講師の役割はとても大きなものとなることから、個別指導塾への入塾を検討している中学生や保護者の中には、講師との相性が合わなかったり、教え方がうまくなかったらどうしようという心配をしている人もいます。そこで、個別指導塾では質の高い講師をそろえて、生徒一人一人に対して適確な指導ができる講師をマッチングできるようなさまざまな取り組みを行い、中学生にとって最適な講師が見つかるように工夫しているのが魅力の一つです。例えば、個別指導塾では指導者として相応しい人柄であるかどうかを見極めるために、厳しい採用試験を通過した人材のみを講師として採用するようにしています。

採用後には、全員に研修を実施して中学生を教えるための指導法やカリキュラムの組み立て方などをしっかりとトレーニングしています。また、講師と生徒の相性を大切にして、生徒一人一人の性格や個性のほか、受講する目的や苦手な科目などをトータルで考慮した上で、最も相性がよいと判断した講師を先生として紹介するようにしているので安心です。さらに、入塾を希望する中学生は体験授業で担当の先生との相性を実際に確認することができ、生徒自身の感覚で先生と合っているかどうかを判断することができます。万が一、先生と合わないと思った時には、先生の交代や追加なども無料で受け付けてもらうことが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です