中学生向けの学習塾は、大きく個別指導型と集団指導型に分けられます。これらはどちらもメリット・デメリットがあり、それぞれ向いている子・向いていない子があります。そのため、中学生の子供を学習塾に通わせる際は、子供の学習状況や性格も考慮して個別指導塾と集団指導塾のどちらを選択するのかを決定することが大切です。ここでは、個別指導型の学習塾に向いている子の特徴について解説していきます。

個別指導塾が向いている中学生の特徴としてまず挙げられるのは、学校の授業についていけていない子です。基礎力が不十分で学校の授業についていけない子は、集団指導塾でも授業内容でも授業についていけない可能性が高いです。しかし、個別指導塾であれば生徒一人ひとりの学習状況に応じたカリキュラムを作成してくれるので、基礎力を身につけるところから学習をスタートさせることができます。また、同様の理由から特定の教科が苦手という子も個別指導型の塾が適しています。

部活動や習い事との両立を目指したい場合も個別指導塾が向いています。集団指導型の塾では授業の曜日と時間が決まっているので、部活動や習い事との両立が難しくなるケースも少なくありません。一方で、多くの個別指導型の塾では、子供のスケジュールに合わせて指導時間を調整してくれるので、塾と部活動・習い事の両立を目指すことも十分に可能です。個別指導型の塾は、集団の中では中々意見を言えないという子にも向いています。

個別指導塾では、講師が生徒の様子を常に把握できるので、分からない部分が出ても講師がしっかりと気が付いてくれます。直接質問しなくても教えてくれる環境が整っているので、分からない部分が分からないままになる心配がありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です