子供の教育に当たり、家庭教師という手段を選択するメリットとデメリットについて、以下述べさせていただきたいと思います。家庭教師のメリットはマンツーマン教育ということで、まず子供にあったレベル・ペースで授業が進められる点が挙げられます。学校や塾が多人数を相手にする教育である以上授業の進行スピードについていけない生徒が出るのに対し、マンツーマンで教師を独占できる点は誤った理解や知識の取りこぼしが少なくなります。複数人を相手にするため責任が緩和される塾講師に対し、家庭教師は学力伸張や試験の合否が自身の評価に直結するため、指導について熱が入りやすいというのも傾向として挙げられます。

また、自宅での指導の場合、親が子供の勉強している姿を把握しやすいのもメリットといえるでしょう。デメリットはやはり学力伸張や試験の合否が教師の質に左右されることです。プロでない以上どうしても教えるのが下手な教師が出てくるため、教師の実力や人柄を子供と親が見極めなければならないという負担が大きいといえます。塾と違う点としては競争相手が隣にいないことから、自分の能力を相対的に評価する機会がどうしても減ってしまいます。

その点は塾や予備校の主催する模試などを活かしつつ補う必要があります。また、強制力が塾より弱いためサボりやすい点も挙げられます。親等周囲からの指導も必要ですが、自発的に学習する姿勢を促す必要があります。子供の学習スタイルや得手不得手から、家庭教師が良い、あるいは塾が良いと一般的に述べることはできません。

上記のメリットとデメリットを踏まえ、何より子供の意思を尊重し、必要に応じて家庭教師を教育方法として選択することをおススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です