家庭教師は、家まで出向いてもらい子供に対して勉強を教えるのを個別に行ってもらうサービスのことです。個別に頼むということから費用は塾などに比べると高額になりがちになります。また家庭教師といっても、その家庭教師として来る人はさまざまです。もっとも多いのが大学生などが勉強を教えるもののほか、家庭教師を専門としている講師に来てもらうといったものがあります。

契約の結び方は先生と直接、行うほか仲介業者や派遣会社と契約する2つの方法があります。一般的に大学生と伝手がある場合には直接、契約するのが一般的ですが、そうでない場合には仲介業者や派遣会社を通じて契約を結ぶことになります。なお、契約では授業の回数や1度の時間などが中心です。直接契約する場合には時給は2000円以上が相場になり学業の具合や子供との相性を見ながら報酬を支払うことになります。

一方で仲介業者の場合には仲介手数料を仲介業者に支払い、そのあとは直接契約となります。仲介手数料は多くは明示されていますが、先生に支払う報酬は個別に交渉することになります。また派遣会社の場合には、派遣会社と契約を結ぶことになります。内容としては登録料と授業料で基本的には塾を利用するのと同じ仕組です。

この派遣会社を利用するメリットは、派遣会社が責任をもって先生を派遣してくれるということであり、安心して利用できる反面で、教材費の購入などがあるため先生と直接契約するのに比べて割高になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です