大学生にとって、とても割のいいバイトが家庭教師のバイトです。予習する時間が必要というのはありますが、身体を酷使せず、ある程度まとまったお金を短期間でもらえるので大変人気のあるバイトの1つとなっています。しかしながら、全員が全員、家庭教師に向いているとは限りません。中には、そういった職業に向いていない人も含まれています。

一方で教えることが天職のような人もいます。いったいどういう人が家庭教師に向いているのでしょうか。勉強面での挫折を経験し、つまずき方がわかっている人は向いていると言えます。こういう教え方では分かりにくいというのがあれば、そうしたやり方を避けることができますし、その人に合った教え方を模索しようとします。

こうした工夫ができるかできないかが、パフォーマンスを大きく左右します。勉強ができるからといって教え方がうまいということではありません。むしろ、勉強はこういうものだと割り切ったからこそできたからで、勉強のできない子はその割り切りができません。できない子の気持ちに立てるかどうかが大切なのです。

細かいことに気づける性格の人も家庭教師には向いています。子供は感情を隠そうとしてもどこかに隠している感情が出てくるものです。そうしたものを瞬時にキャッチし、先回りして指導するというのもとても大事です。気付かないうちに勉強がますます嫌いになっていることも十分あります。

こうした気遣いのできる人は家庭教師に向いており、人気の高い先生となりえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です