学校の授業と入試の間のスキマを埋めるには、やはり日頃の勉強を工夫しなければいけません。自分に足りないものを見つけ、そこを克服する手助けをしてくれる予備校に通うのが取りあえずやはり一番手っ取り早いですね。予備校には大手と言われているものでもいくつかありますが、何が自分に一番合うかは、まず実際に行ってみてテキスト見本を見せてもらうことが一番知るのに有用な方法となるのではないでしょうか。会社によって実は「理系が得意」「文系が得意」というカラーがあったりしますし、学校の授業ではやらない、上の学年、学校の内容を先取りして理解の手助けとすることがありますから、テキストを見て、その辺の頃合いがどの程度自分と合うかを確かめて見ることが重要です。

場合によっては教科ごとに受講する場所を選んでもよいでしょう。この予備校にはこの教科にこのような名物教師がいるという情報もネット上の口コミサイトなどに乗っていますから、そういうものも参考にして決めると良いかもしれません。ただし、本当の人気教師は受講するのまでにとても激戦区となっていることも多いです。やはりその会社のその校舎づきでずっと所属している生徒を優先することも多いですし、日頃の成績や入塾試験でとても高い結果を持っている人から入れるというシステムを取っているところも多数です。

ですからいずれにしても、早いうちに情報を得ることが大切です。思い至ったらすぐ、テキストや講師の情報集めから始めて、自分に合う予備校を見つけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です