予備校とは、各種の試験の受験者に対して予め情報や知識を提供するための学校ですので、様々なものがあります。ここでは、大学受験のための進学予備校に通うメリットについて紹介します。進学予備校には大手から中小規模のものまで沢山あるものの、基本は各科目の授業があります。その授業のなかで、試験問題の解き方やそのノウハウなどを教えます。

なかには、自習が基本で、解らない問題などに対してのみ解説するスタイルのところもあります。これらの学校に通う意義として、受験勉強だけに集中するための時間と場を提供してくれることがあります。自宅学習の場合は時間管理を自分でしなければなりませんし、家族の人たちにはそれぞれの生活や時間があります。その点、予備校には受験という共通の目標をもつ者たちが集まっていますので、学習に適した環境が整っています。

また、他人と比較することによって、自分の学習度合いをはかりやすくなります。次に、これらの学校には、それぞれ蓄積された大学受験のためのノウハウがあります。過去に試験で出た問題だけでなく、それらの出題頻度や、最近の傾向などが各大学ごとに蓄積されています。このような情報は、生徒たちが試験問題や解答を提供することによって蓄積されています。

そのため、生徒数の多い学校では、その情報量は膨大なものとなります。参考書もこれらの学校から提供された情報を利用して作られているものが多くあります。最後に、各予備校にはそれぞれのカラーがあります。難関大学や医学部受験に特化していたり、英語や数学の科目に力をいれていたりと様々です。

前述のように学習スタイルの違いもあります。自分の目標や学習スタイル、科目の得手不得手などをよく把握しておくことが、効率的な受験勉強ができる学校を選ぶことに繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です