Skip to content

iPhone修理海老名で動き出す前のチェック事項

iPhone修理海老名で探せば、海老名程の規模がある町でしたら条件が良いお店が沢山見つかります。ただ、漠然と探せば良いというわけでもありません。iPhone修理海老名で探すとして本体交換が必要な程の大きい故障でしたら、appleに公式認定された公式店を探した方が良いです。1年間の無料保証期間中で、トラブルの理由がメーカーか流通段階にあるというのでしたら無料交換に応じてもらえます。

それ以外の場合は割高で1万円以上になる事も多いです。iPhone修理海老名の条件で、非公式店の方も多く出て来ますが、こっちは安価で部品交換で対応可能な修理を専門としています。ただし、こっちで修理してもらった場合後で本体交換が必要な場合は断られてしまうリスクがあります。まず、前提条件としてこれらのポイントを押さえた上で、次に故障の具体的な症状の検証に入って下さい。

例えば「充電が出来なくなった」という症状で困っているとして、その症状は具体的には「全く充電が出来ない」か「充電ケーブルを認識しない」、「ケーブルが折れて中で詰まった」の3つに集約されます。この場合は、充電口パーツの交換で対応出来る事も多く、場合によっては自分でパーツを揃えて修理をする事も1つの方法になります。時間についてもお店に持って行けば大体30分~1時間範囲で決着する事が多く、費用に関しては状況にもよりますが非公式店の方に持って行けば、7800円前後で対応してもらえるので公式店よりもメリットが見込めます。ちなみに自分で修理を試みる場合には静電気対策リストバンドだったり、作業台も絶縁仕様が理想的であり、部品の質についても大手通販等で売っている部品ではクオリティが低く、上手く行っても再び不具合が起きてしまうリスクがあります。

その辺りを考えるのでしたらやはりある程度機械に慣れているという条件だったり、一般流通とは別口で高品質の部品を入手出来るという条件が揃っていない場合は、お店へ持って行った方が無難と思って下さい。他にはお店に持って行く際には、自分の充電ケーブルを持って行くと一般生活に持ち帰ってもう1度使えるかどうかを早くチェック出来るという点で便利です。ただ、故障原因が実は充電口では無くて、基盤部分の深い所から来ているケース等も無いではありません。その場合は基板修理に話が移る事となり、1時間程度では話が終わらなくなってしまう事も多いです。

データーの方は充電口のみしか操作しませんので、基本的には消えないと思って構いませんが不測の事態は必ず起き得ます。予防策を講じるのでしたら、必ずバックアップを取っておく事をおすすめします。この辺りの流れを頭の中に入れておいた上で、修理に臨むとあらゆる意味で話が早くなると思って下さい。次に何をすべきなのか、もしくは最大でどれ位の時間が掛かるのかが明確になって予定も格段に立てやすくなります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です