Skip to content

iPhone修理海老名で修理店を探す際には?

iPhone修理海老名で修理先を探せば、「本体交換を基本とする公式修理店」と「部品交換を基本とする非公式修理店」の何方も多数ヒットします。両者とも、iPhone修理海老名の後に有名家電量販店の名前だったり、「緊急」等の言葉を入れて探せば、良い条件の所を探すのは差ほど難しくありません。ただ、「公式店に修理を依頼するとデーター復旧は難しい上割高になる事が多く、それ以外の場合は安価でデーター復旧も可能な事があるが公式修理必要な場合に断られる事がある」のは把握しておく必要があります。ちなみに、iPhone修理海老名でお店を探す前にトラブルによって幾つか確認しておくべきポイントも出て来ます。

例えば「電源が入らない」という症状ですが、具体的には「急に電源が入らなくなった」と「再起動しても立ち上がらない」、そして「画面が真っ暗で音もならない」の3つの状況がその条件に該当します。そして、原因の筆頭として考えられる物では「バッテリーや画面の不具合でスイッチが入らなくなった」がまず上がります。この場合は基板が壊れているケースと違い、バッテリー交換で即復旧出来ますので修理時間も短くて済みます。静電気対策だったり、ケーブルを物理的断線に持ち込まない様に注意するというコツが要りますが、場合によっては自分で修理に挑戦してみるのも悪くありません。

この場合は修理に要する時間は、長くとも30分程度の計算となります。次に考えられるのは「ドックコネクタの不調でスイッチが入らない」という物です。ドックコネクタとは充電口の部品の事であり、この修理の場合も部品交換で済みますので1時間弱程度となります。やはり技術力や時間の方に余裕がある場合は、自分で修理に挑戦してみるという選択肢が出て来ます。

ただ、基盤の故障になってしまうと話が少し変わってきます。基盤が故障した場合は、静電気や何かしらの基盤トラブルが原因で内部コンデンサが壊れている様な事が多く、この場合の修理は原因特定作業が必要になる事があります。場合によっては、早く終わる事もありますが長く掛かる場合は1週間は時間を見ないといけません。ちなみに上記の物以外の故障原因では、ソフトウェアが原因で動かないケースがありますが。

この場合の修理は長くても30分以内でクリア出来るケースがほとんどです。必ずしも上手く行くとは言えませんが、データーを守ったまま復旧したい時には相談してみるというのも悪くありません。電源が入らなくなった場合には、まず、この辺りの事情を頭の中で考えて大まかにでも必要時間と経費を計算しておくと、それからの予定がとても立てやすくなります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です