Skip to content

iPhone修理海老名で修理する前の確認事項

iPhone修理海老名で探せば、公式店も非公式店も沢山見つかります。公式店を探す場合は、iPhone修理海老名の後に大きい家電量販店名やapple公式を入れて検索すれば大抵出て来ますし、非公式の方ではiPhone修理海老名に安価や、最短等の文字を入れるのがコツです。ちなみに公式店は「本体交換が修理の基本で、メーカーから流通までのミスが原因の場合のみ無料対応」と考えて下さい。非公式の方は「部品交換でどうにかなる範囲ならば、安価で対応可能でありデーター復旧も可能な事が多いが本体が壊れた場合はNG」と覚えておけが齟齬が無いです。

ただ、どっちに持って行くにしても修理前には幾つか確認しておいた方が良い部分もあります。例えば俗にいう水没事故ですが、具体的には海水や真水の中にiPhoneを落とした後に動作が不安定となった、もしくは急に電源が入らなくなったという様な状況下でそれでもデーターだけは救出したいという様な時に依頼する物と思って下さい。多少水流に当たってしまったけど動作自体は問題ないという様な場合でしたら、それは故障までは行っていないという事です。ちなみに、1度動いたとしても2度目の時に上手く行くかは別問題ですので、2度目は万難を排して避けないといけない事は言うまでもありません。

後は、修理可能と言っても1度でも基盤に水が入ってしまった場合動く様になったとしても長続きする保証は無いと考えておく事も重要です。完全防水等、対策がしっかりしている機械もありますが、中に本当に水が入ってしまった場合は目に見えない部分での不具合はどうしても避けられません。ですので水没事故の修理は「とりあえずでも、蘇生させたい」や、「データーだけは何とか救いたい」等の緊急処置を希望する人向けと考えて置く事が基本となります。後は水没事故直後でしたら、電源が入っていても必ずスイッチを切って下さい。

これを放置しておくと、「最初はスイッチが入っていたけど時間差でスイッチが切れた」という状況になってしまう事が多いです。操作出来ない場合は強制終了を試みる事が鉄則となります。この段取を省いて普通に使ってしまうと、後でショートして本格的に壊れてしまう事も多いと思って下さい。電源を切ったらSIMスロットを抜いておくと、換気口にもなりますのでその辺も基本になります。

ちなみに、水没事故直後に充電ケーブルを差してしまうとトドメになってしまう事が少なくありませんので、復旧率を少しでも上げたい場合には厳禁と思って下さい。他にも、乾燥させた後放置というのも避けた方が賢明になります。時間差で中身が錆びてしまう事が珍しくありませんので、専門店で1度はしっかり診てもらった方が安定します。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です