Skip to content

iPhone修理海老名で探したい時の確認事項

iPhone修理海老名で検索すれば、多くのお店が条件にヒットします。公式修理の場合は、メーカーから流通までの間で何かしらのトラブルがあった場合に本体交換という形で無料対応してもらえます。ちなみに、この時に保証書は勿論持って行くべきですが、基本的にデーターの復旧は無理と考えて下さい。修理の総額も、状況によりますが値段も1万円以上になる事も珍しく無いです。

公式店は大きい家電量販店ならば大抵登録していますので、iPhone修理海老名以外に有名なお店の名前を検索条件に入れたら、どれかは見つかります。それに対して、非公式の方ですが、こっちはデーター復旧可能な事も多く画面割れ等にも対応してもらえて安価である事が多いです。iPhone修理海老名の他に、「最短」等の条件を加えて探すのがコツとなります。ただし、こっちの場合は、部品交換で対応可能な範囲に限られます。

経年劣化で本格的に本体が壊れてしまっていたり、何かに圧縮されて本体が切断されてしまった様な本体交換が必要な状況では対応外と考えて下さい。後はこっちで修理をしてしまうと、本体交換が必要な条件下で断られてしまうリスクと紙一重になります。ちなみに、この2つの選択肢以外で「自己修理に挑戦する」という物も出て来ます。そしてソフト面ではなくハード面の方の修理をしたい場合には、自己修理で悪化させない為に重要なポイントがあります。

まず、各種ケーブルを絶対に断線させない様にして下さい。iPhoneは精密機械ですので、雑に扱ってしまえばその時点で動かなくなります。バッテリーを交換したい為に、中身を空けてその時に画面と本体を繋ぐ線を切ってしまう事故が多発していますので、ケーブルの取り外しには細心の注意を払って下さい。次に作業の手順を厳守をする事も、非常に重要です。

最初に「バッテリーのコネクタを外し」、次に「画面を外して」、最後に「破損部品の交換」という手順と考えて下さい。特にバッテリーのコネクタを外しておく事は重要でもしもこの段取を省いた場合、画面が後で映らないトラブルに直結しやすいです。ただし、画面交換やカメラ交換、充電口交換の場合でしたら、バッテリーを本体から外さず、コネクタを外すだけに注力しておいて構いません。画面外しは実はやらないでも、修理自体は可能なのですが熟練を要する部分も多く、初心者で挑戦するのは難度が高いので避けた方が無難です。

最後は手汗と工具の静電気対策も、要注意ポイントになります。人により意見が分かれる部分でもありますが、基本的に精密機械を直す場合には、静電気対応のリストバンドだったり作業台の準備が必須と考えて下さい。絶縁性のゴム手袋まで、準備しておけば理想的です。そして、ネジを締める時も大きい物から順にズレたり狂ったりしない様に丁寧に作業をする様にすれば申し分ありません。

iPhone修理海老名のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です