Skip to content

iPhone修理海老名に依頼する前にバックアップを

iPhoneの本体に不具合が発生したり、破損、故障などがみられた場合に、多くの人はiPhone修理海老名に修理を入れるでしょう。その際には現在本体に残っているデータを守るためにも、必ずバックアップが必要です。バックアップをすることなくiPhone修理海老名に修理を依頼した場合には、すべてのデータが消えてしまう可能性が考えられます。初期化された状態から、再び必要なデータや情報などを集めるためには、かなりの時間がかかり、中には復旧できない情報やデータもあることでしょう。

iPhone修理海老名に修理を依頼する前のバッグアップ方法のやり方としては、2種類があります。一つ目がiCloudで行う方法、二つ目がiTunesで行う方法です。その中でもiCloudの場合には、通話記録やマップのブックマーク、カレンダーやメールl、Wi-Fiなどのパスワードなども保存することができます。全体のバックアップが行えるので、便利に利用が可能です。

しかしパックアップを行う際には、注意点もあります。その一つが保存先により容量が異なることです。iCloudとiTunesでは容量が異なり、iCloudの場合には5GBを無料でもらうことができます。もっと容量が必要な場合には、有料でアップグレードすることができるでしょう。

その一方でiTunesの場合には、パソコンのハードディスクの容量により、保存できる量が異なります。ハードディスクに多くの容量があれば、たくさんのデータを保存することができ、お金をかけて容量を増やすのは嫌だという場合には、iTunesでパソコン上にバックアップする方法を選んだほうがよいでしょう。どちらの方法も、保存したバックアップデータを確認することはできません。つまりきちんと保存できたかどうかがわからないということです。

バックアップデータの中には絶対になくしたくない連絡先や写真などもあるでしょう。このようなものは、他の場所にも保存しておくことにより、なくしてしまう心配もありません。さらにアプリのデータのバックアップも忘れないようにしましょう。この時にiTunesを使用することで、アプリ全体のデータをバックアップすることが可能です。

アプリの中にはiTunesだけでは保存できないものもあり、その一つにラインが挙げられます。このようなものは、そのアプリ内でバックアップを行う必要があるでしょう。iPhone修理海老名のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です