Skip to content

iPhone修理海老名の正規店と非正規店との違い

iPhone修理海老名で受ける場合、正規店と非正規店があって特徴も違います。まず正規店とは製造元のAppleが運営する店舗や提携している業者のことで、公認しているサービスプロバイダや提携キャリアの店舗のことをいいます。ただ、携帯キャリアの店では製造や修理を専門で行っていないので、壊れた端末を持っていってもその場で修理をしてもらえず、一旦預けてから修理拠点へ郵送をして行うのが一般的で手元に戻るまで時間がかかります。正規店のiPhone修理海老名で行うメリットは安心なことで、製造や販売をしているので構造や故障の原因、扱い方も正しく理解してます。

修理部品効果が必要なときも、純正品と交換してもらえますし純正なら互換性も問題がないので故障前と同じように使えて安全です。ただ、AppleStoreは国内に少なく住んでいるエリアだと行くのが難しいですし、郵送サービスもありますが、いつも混雑していて予約も取りにくく、直接持ち込んでも数時間以上待たされたりします。正規店へと持ち込んでも、修理内容によってはリペアセンターへ配送されて本格的な修理が必要になることもあって、これだと即日で直らず戻ってくるまでに5~7営業ぐらいはかかります。また、初期化を求められる場合もあり、データがすべて消えるので依頼前にはバックアップが必要です。

写真や連絡先などのデータが多いとバックアップだけでも大変ですし、補償サービスに加入してないと料金が割高になります。非正規店もiPhone修理海老名には多数あり、これはAppleが運営する店舗や提携している業者以外の店です。違法ではないかと感じたり、修理が適当ではないのかと感じますがあくまで正規店ではないという意味なので、技術が劣っていたり違法行為をしているわけでもないです。構造や修理に対しても高い知識や技術を持っている店も少なくなく、実績があるところなら安心です。

ただ、独自に店を運営しているので店によって技術力や料金などサービスの内容や質が違います。正規店と違い色々な地域に多数あり、iPhone修理海老名でもたくさんあって、身近なところで依頼しやすいです。地域によっては密集していることも珍しくなく、遠方にある正規店まで行かなくても自分にあった店を見つけて依頼することも可能です。店が多いので競争も生まれていて、正規店と比較して料金が割安になることが殆どで混雑もなく、その場で即日直してもらえる可能性が高いです。

データの初期化もしないでそのままで出来る場合もあるので、初期化をしたくない場合でも安心して任せることが出来ます。必要かどうか判断して臨機応変に対応してくれることが多く、正規店だと依頼すると例外なく初期化を求められるためそれと比べて便利ともいえます。内容次第では初期化が必須なこともありますが、不要で出来るのは魅力です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です