スキーに便利なバスツアーが人気

スキーに行く移動手段には、バスツアーがよく使われます。

比較的近場のスキー場なら、移動手段の中で最適と感じる人が多いようです。バスの集合場所まで着けば、あとは板と靴をバスの車体に積んで、ゲレンデまで直行です。バスの集合場所まで行くのはたいへんですが、それは駅でも空港でも同じことです。着いてから乗り換えが一切不要というのが、バスツアーの最大の魅力となっています。板と靴を持っての移動ですから、乗り換えがないに越したことはありません。

車中泊できるのも、たいへん大きなメリットとなります。日帰り旅行と宿泊を伴う旅行では、費用が大きく異なりますが、バスツアーでスキーに行く場合は、0泊3日というのもあり、日帰り旅行のような費用で2泊3日相当のスケジュールが組めます。スキーをすることだけが目的で出かける場合は、0泊3日の往復とも車中泊のツアーが好都合となります。

宿泊施設を利用せずに夜間を利用して移動できるというのは、たいへん便利なことです。横4列シートの場合は、隣に見知らぬ他人が座るのは気になるということもあるでしょうが、現在は横3列シートが使われることも多くなっています。横3列シートだと、各座席がすべて独立しており、両脇とも他の乗客が接することはありません。この点においては、飛行機や新幹線よりも快適と言えます。往復とも横3列シートなら、車中泊中も快適に過ごせることでしょう。横3列シートは高額でも大人気となっています。
スキーツアーのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *