東京大阪高速バス乗車時の飲酒は事前確認を

走る距離も短い路線バス乗車時に、いきなりビールをあけて飲み始めたり、驚く行動に出る人がいますが、基本的に路線バスでの飲酒はマナー違反です。

バス会社の方としても路線バス乗車時のお酒は、ご遠慮くださいといったチラシやポスターで伝えるようにしています。ですが中にはほかの乗客に迷惑の無い程度ならと、緩い対応をすることがありますが、常識からしても飲酒は他の人にも迷惑です。ですが東京大阪高速バスであれば状況は違い、長い距離を走るバスですから、周囲のお客さんに迷惑がかからなければ飲酒をすることができます。

長い旅になる東京大阪高速バス利用ですから、ほどほどにお酒を飲んで寝てしまいたい人もいるので、常識の範囲内で飲むようにすることです。様々なバス会社があるので、中には飲酒に関して原則ご遠慮くださいというところもあります。長旅になるからこそ東京大阪高速バスでは、ビールや焼酎に日本酒を楽しみたいと考えますが、事前に飲酒OKかをバス会社に確認した方が無難です。

高速での移動になるのでアルコールを入れてしまうと、平地で飲むときよりもアルコールが全身に回りやすく、良い安くなりますので注意が必要になります。普段は平気なのに酔っぱらってしまったり、体調を崩したりしたら、せっかくの旅が台無しです。それが原因で周りの乗車客に迷惑をかけてはいけないので、あまりアルコールに強くないなら控えるようにします。お茶や麦茶にお水など、他のソフトドリンクを検討するのもひとつです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *