東京・大阪間の高速バスを格安料金で予約するコツ

日本全国の主要都市間で高速バスが運行されていますが、特に需要が多いのは東京(首都圏)と大阪・京都(関西圏)を結んでいる便です。

東京・大阪間は需要が多いので、4列シート車から2列シートの快適なバスまで座席のグレードが豊富です。便数も非常に多く、多くのバス会社が東京・大阪間の高速バスを運行しています。東京・大阪間の高速バスの料金は、時期や曜日に加えて予約をするタイミングによって大きな違いがあります。昨日までは2、500円で販売されていたのに、突然4千円に値上がりするようなケースもあります。同一の便であれば、1円でも安い料金で予約をした方がお得です。

東京・大阪間を結ぶ高速バスを安い料金で利用するコツは、なるべく早めに予約を済ませることです。多くのバス会社は、最初に安めの料金で予約を受け付けます。予約状況を見ながら需要が多いと判断すると値上げをするので、出発日に近づくにつれて高くなります。空席数が少なくなると、全ての席が埋まるぎりぎりのラインまで値上げが行われます。

このため、繁忙期であれば需要が大きいと判断されるよりも前に安いチケットを購入することが大切です。明らかに利用者が少ない閑散期であれば、出発の直前でも空席が埋まらないケースがあります。空席で空気を運ぶぐらいなら赤字でもチケットを販売した方がましなので、値下げが行われます。閑散期の平日で利用者が少ない便であれば、出発日の直前に値下がりをしたタイミングでチケットを購入する方法もあります。ただし空席が多くても運賃の最低ラインが決められているので、値下げが行われない可能性もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *