夜行便で行くスキーバスツアー

スキーバスツアーは、夜の21時から23時くらいに出発をして次の日の早朝にゲレンデに到着するというツアーです。

各乗車場所からお客さんを乗せ、高速道路に入ると消灯となるのでゆっくりと車内で眠ることができます。社会人の中には連休が取りにくいという人もいるものですが、単日休みの日の前日夜に出発をして利用することもできます。遅い時間の出発なので、仕事が終わってから自宅に帰り、夕飯を済ませたり入浴をしてから向かうにも十分間に合う時間です。

多少の残業であっても余裕のある時間であり、休みの日は前日夜から思いっきり楽しみたいという人に向いています。夜中のうちに移動をして早朝には現地に到着し、リフト運行開始時間には滑る準備ができるようなスケジュールになっています。リフトが動き始める時間はまだお客さんが少ないのですいており、リフトに並ぶこともありません。なので、どんどん滑って練習したいという人には向いています。スキーバスツアーには、バスの運賃の他にリフト券がセットになっています。

バスはさまざまな方面に向かう便がありますが、その中でもエリアによって複数のゲレンデを選択することができます。そのために、また同じ便のバスを利用したとしても他のゲレンデを楽しむこともできます。ただし、全席指定にもなっているので事前予約は必要です。短いスキーシーズンの予定は早めに立てて、バスツアーでスキーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *