ツアーコンダクターの資格について

ツアーコンダクターといえば、旅行会社が企画するパック旅行などに同行して、参加者の案内をする役目のことです。

このツアーコンダクターとなるにあたっては、国内の添乗業務で一定の実務経験を積んだあと、旅程管理主任者としての資格を得ることが必要となってきます。旅程管理主任者の資格には、国内旅程管理主任者と総合旅程管理主任者のふたつがありますが、もしも国内に加えて海外での添乗もしたいという場合には、総合旅程管理主任者のほうの資格を取得しておく必要があります。

このような資格については、観光庁が指定した機関が行う試験に合格しなければなりません。したがって、たとえば旅行会社に就職して実務経験を積むにあたって、学歴などの条件は必要ないものの、特に総合旅程管理主任者のほうについては、たとえば大学や専門学校卒業といった、語学をはじめとするある程度の学識が実質的には求められることになります。

3このようなツアーコンダクターには、旅行会社に所属して、その職員となって働く人と、専門の派遣会社にいったん登録したうえで、旅行のたびに依頼を受けて派遣される人の両方があります。最近では、旅行代金を節約するために、あえてツアーコンダクターが同行しないようなパック旅行もありますが、こうしたものは例外であり、旅先で安心してすごすということがむずかしくなることから、やはりツアーコンダクターが同行して裏方の仕事をとりしきるのがふつうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *