大阪から東京へは高速バスで安く行く

大阪と東京を行き来する際、多くの人が真っ先にイメージするのは新幹線かも知れません。

昔は3時間ぐらいでしたが、今は2時間半程で行けます。その次に思いつくのは飛行機でしょう。1時間程で行くことが出来ます。空港までの時間も含めるともう少しかかるかも知れませんが飛行機は最速になります。その他にもJRの在来線を乗り継いで行ったり、高速道路を使ってマイカーで行くことも出来ます。在来線だと乗り換え回数がかなりになりますし、マイカーだと運転好きな人はいいかもしれませんが疲労はします。

大きな荷物を運ぶなら別ですが、旅行やビジネスにはあまり向かないでしょう。ところで、大阪と東京の間にはまだ他にも交通手段があります。それは高速バスです。高速バスは日中や夜間も運行しています。かかる時間は9時間程で、例えば朝の10時に大阪を出発すれば夜の19時ぐらいに東京に着きます。飛行機や新幹線と比べると時間的には、かなりかかってしまいます。でも夜行だと、例えば夜の22時に出発すると朝7時ぐらいには到着します。車中で眠れば朝には着くので時間は気にならないかもしれません。

もちろん振動したり時には遠心力などもかかるので心地よく眠れないかもしれません。場合によっては新幹線や飛行機の始発よりも早く到着することも出来るので、現地での時間を有効に活用出来ます。後、一番のメリットと言えば、やはり運賃でしょう。高速バスは数千円で行くことが出来ます。新幹線や飛行機とは一桁違う値段です。安い値段で旅行などしたいと思っている人には魅力があるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *