東京大阪間の高速バスの料金の最安料金について

高速バスで需要が多いのは東京と大阪・京都を結ぶ路線です。

昼間便もありますが、新幹線が走っていない夜の時間帯の便が多いです。便数が多いので、閑散期や利用者が少ない曜日は運賃がかなり安くなります。逆に週末や観光シーズンになると、一番グレードの低い4列シート車でも1万円近くまで値上がりすることがあります。東京と大阪を結ぶ夜行高速バスの運賃の最安料金ですが、一番安いのは観光客の利用が少ない時期(6月など)で平日の火曜日または水曜日に出発する便です。

2018年6月の火・水曜日出発の最安料金(4列シート・トイレ無し車両)は大人片道1、600円です。6月中であれば、土日に出発する便でも5千円台でチケットが購入できます。東京大阪間の高速バスで平日の料金が高くなる時期は、8月の中旬と10・11月です。この時期は京都観光で利用する人が増えるのでチケット代が高くなり、比較的利用者が少ない平日の火・水曜日でも最安の運賃は5千円前後です。

この路線では基本的に土曜日に出発の便が高くなる傾向がありますが、10月と11月については土日よりも金曜日の方が運賃が高くなります。この理由は、金曜日の晩に出発して京都または東京で休日を過ごす観光客の需要が多いからです。学生で旅費を節約したい人は、平日の火曜日や水曜日に移動すれば土日や祝日の半額程度の運賃で高速バスを利用することができます。他の交通機関よりも相対的に安い高速バスであっても、観光シーズンの連休前になると運賃がかなり高くなるので他の交通手段も検討するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *