白浜にあるホテルの魅力

和歌山県の南岸にある観光地・南紀白浜のホテルはハイクラスなものからカジュアルなものまでいくつもあります。

特に海に面したエリアは大型の宿泊施設が集まっていて、個人客やツアー客など全国から訪れる多くの観光客に利用されています。白浜のホテルの魅力のひとつには、良質な温泉に入ることができるということが挙げられます。1350年以上の歴史があるこの温泉地は古い文献にも「牟婁の温湯」という名前で登場しており、今でも日本3大古湯のひとつともされており親しまれています。

海に面した白浜のホテルでは、太平洋を眺めながら温泉に浸かることができる展望風呂や露天風呂が備わっていることも多く、夕刻には太陽が海に沈む絶景を眺めながら入浴することも可能です。貸し切り風呂がある温泉の宿泊施設なら、小さな子ども連れの家族もゆっくり温泉に浸かれて便利です。温泉に入った後は、海の近くに位置するこの土地ならではの海産物も楽しめるでしょう。

特にスズキ目ハタ科の高級魚であるクエの養殖がさかんなため幻の魚とも呼ばれるクエもより気軽に食べることができます。また白浜のホテルによっては結婚するカップルの挙式・披露宴会場としても対応可能なところもあります。以前は新婚旅行スポットとして栄えた歴史があり、青い海と真っ白な砂浜の美しい景観があるため、リゾートウェディングの場所としても人気がある白浜では、海に面したロケーションが魅力であるとともにホテルならではのホスピタリティも期待できるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *