関西発1泊2日の白浜ツアーの内容とは

和歌山県にある南紀白浜は白浜温泉の他に海水浴場や動物園の他に千畳敷・円月島・三段壁洞窟などの多くの見どころがあり、京阪神地区から多くの観光客が訪れています。

関西地区に住んでいる方であれば、京都・大阪を出発するバスツアーがおすすめです。バスツアーを利用すれば電車の乗り換えをする必要がないので楽に移動することができます京都または大阪発の南紀白浜のバスツアーは、手軽に利用ができる1泊2日コースが人気を集めています。

ツアーの流れですが、朝8時頃に京都または大阪の主要駅を出発したバスは、和歌山県内で昼食・休憩をした後に午後2時過ぎ頃までに宿泊先のホテルに到着します。チェックインを済ませた後は夕食時間までは自由時間です。

部屋に荷物を置いてから温泉に入浴したり、ホテルの周辺にある観光スポットなどを散策することができます。夕食後は就寝までの間に再び温泉に入浴したり、カラオケなどの娯楽施設で楽しんだりして過ごします。

翌朝は朝食後にチェックアウトしてから復路のバスが出発するまでの間に海水浴を楽しんだり、動物園や観光スポットなどを訪問することができます。昼食後に午後2時過ぎに現地を出発し、夜7時過ぎに大阪または京都に戻ってきます。

京都または大阪発の1泊2日の南紀白浜バスツアー(夕食と朝食付き)の料金ですが、平日であれば1万円を切る場合もあります。

白浜温泉は京阪神地区から簡単にアクセスができるので、土日や祝日などに手軽に温泉旅行を楽しみたい関西在住の人の間で人気を集めています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *